怪文書

K A I B U N

怪文書 エレベーターの恐怖


ある高層マンションに住んでいる男性の話。

男は15階に住んでいるため毎日エレベーターを使っていた。
その日も夜中に帰宅し、エレベーターに乗り15階のボタンを押した。
ドアが閉まりエレベーターが動き出ししばらくすると、8階のボタンのランプが点灯した。

「あぁ、誰か乗ってくるのか・・」
そう思った直後、慌てて2階3階4階5階とボタンを連打した。
3階で止まってくれたので、半ばドアをこじ開ける勢いで外へ飛び出た。

そのまま階段を駆け降り、朝まで朝まで帰らなかった。

※男はなぜ逃げたのだろう?



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved