怪文書

K A I B U N

怪文書 星に願いを


ある少女のところにお星様が降り立ちました。

「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
とお星様はいいました。

少女は泣いていました。
「わたしの家族を消して!あんな家族、大っ嫌い!」

次の日、少女が目を覚ますと、いつものようにお母さんとお父さんとお兄ちゃんがいました。

少女は後悔しました。

その夜、再びお星様は少女の目の前にあらわれました。
「気に入ってもらえたかな」
少女はいいました。
「昨日のお願いを取り消してちょうだい」
お星様はいいました。
「一度かなえたお願いは取り消せないよ」 少女は泣き崩れました。

※少女はなぜ泣き崩れたのだろう?真相を推理しよう!



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved