怪文書

K A I B U N

怪文書 時計の時間


ある時、ある男が死んでしまった。彼には自分の想いを伝えられなかった女性がいた。男は自分をあの世へ連れて行こうとする神の遣いに頼んだ。
「もう一度彼女と話がしたい」と。

神の遣いはダメだと言った。死んだ人間は生きている人間と関わってはいけないルールなのだ。しかし男は食い下がった。
「伝えたいことがあるんだ!一言だけでいい!」
そんな男を見た神の遣いはこう言った。
「そこまで言うのなら・・・しかしルールは破れない。だから人間に関わらずに彼女にメッセージを伝えろ」と。

男は彼女に想いを伝えたくて必死に考えた。そして神の遣いに言った。 「彼女の家の時計を5つ止めて欲しい。彼女が時計が止まっているのに気づくたびに1つずつ」
「それだけでいいのか?」
「今から言う時間に、順番に止めて欲しい」
「時間は?」
「(1:11)(3:34)(4:44)(1:17)(3:33)だ。間違えないでくれ、彼女が時計が止まっているのに気づくたびに1つずつ、この順番でだぞ?」
「わかった」それから5日後、彼女の部屋には彼の写真が飾られていた。その横には5つの時計が順番に並んでいた。

※止めた時刻の意味を推理してみよう。



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved