怪文書

K A I B U N

怪文書 友人からのメール


友人と二人でバイク旅行に出る予定を立てたのだが、運が悪いことに直前に盲腸になり、入院してしまった。
「一人で行くのもなぁ。」と言っている友人に、「今からじゃ宿もキャンセル代取られるから、お前だけでも行け。」と、言って送り出した。

その日の昼過ぎ、友人からメールが来た。
「旅先でいい人たちに出会ったよ。また夜に写メ送る。」
一人で退屈してるんじゃないかと心配していたので、少しホッとした。
さっそく返信した。
「良かったな。どんな人たちなんだ?」
返事はなかった。

その夜、約束通りに友人から写メが来た。
「田来岬(たこみさき)」
と書かれた標識が写っていた。友人の姿も、一緒にいるはずの人たちの姿も写っていなかった。ひょっとしたら相手は女の子かな?と思い、詮索するのはやめた。
次の夜にも写メが来た。
「崇呂崎温泉(すろさきおんせん)」
と、宿の看板が大きく写っていた。
「旅先で知り合った女の子と宿だと〜!?」
と、腹を立てたが、ひょっとしたらこれは自分をからかっているだけで、女なんかいないんじゃないかと思い直し、バカバカしいので返事もせずに寝てしまった。

写メには誰も写っていなかった。次の夜にも写メが来た。お坊さんの着る袈裟が写っていた。
どういうわけか雑誌の写真をわざわざ写しているらしく「(ケサ)」と活字が書かれていた。
何かの暗号かな?と思い考えると、女と一緒にいるという設定で「ケサ」→今朝・・・。
しつこい奴だなと呆れて、「もういいよ」と返信した。
返事はなかった。

次の夜にも写メがきた。
「テレビ田来(たこ)」の標識の掛けられた小さめの電波中継塔だった。
聞いたことの無いテレビ局だと思ったが、これは「テレビ○○田来支局」の○○と支局の部分が見切れているのだ。
田来ってことは、アイツ最初の場所に戻って来てるのか?帰るにしても別の場所を回ればいいだろうに・・・。連れの女と何かあったのかな?
気にはなったが、尋ねるのは負けのような気がして「仲良いね」とだけ返信した。
返事はなかった。

5日目の夜。今度は写メではなく、ただのメールだった。
「 る!」
それだけだった。
「る!・・・・・???」これはわからない。まいった。降参だ。

電話をかけてみた。呼び出し音は鳴るのに、友人は電話に出なかった。それが最後のメールだった。
帰宅予定日を過ぎても、友人は帰って来なかった。連絡もないままだった。

何日かして警察が来た。友人は旅先で知り合った人たちと集団自殺してしまっていた。何か心当たりは無いかという警察に、あの奇妙なメールの話をしてみた。

死体になってしまった友人は携帯電話を所持してなかったので、この時まだ警察はメールのやり取りを知らなかったようだった。送られてきた奇妙なメールを見て警察はため息をついた。
「なんで早く警察に知らせてくれなかったんだ!」

※メールの内容を推理してみよう。



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved