怪文書

K A I B U N

怪文書 クリスマスプレゼント


あるクリスマスの日、トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。朝起きると、クリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つあった。

窓からサンタクロースが中を覗いているのが見える。サンタはニタニタと笑いながらトムを見ている。トムは急いでプレゼントの置いてあるところに行った。
トムはまず1つ目のプレゼントを手に取った。サンタは更にニタニタと笑っている。
プレゼントの箱を開けると、中から長ズボンが出てきた。
トムは少しがっかりしたような表情をしながらも、次の箱を手に取った。
2つ目の箱を開けると、中からサッカーボールが出てきた。
トムは不機嫌になり、とても腹がたった。
サンタは腹をかかえて笑っている。

トムは、最後の一番大きなプレゼントの箱を開けた。
すると、辺りがまばゆい光で包まれ、トムは目が眩んでしまった。
トムがゆっくり目を開けると、トムは一番欲しかったものを手に入れていた。
サンタの姿はすでに消えていた。トムの目には、嬉しさのあまり涙が流れていた。


※3番目のプレゼントを推理してみよう。



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved