怪文書

K A I B U N

怪文書 特定した。ありがとう


暇つぶしに出会い系を見ていたら、中学時代の友人だったY子のプロフを見つけた。 HNや趣味などは適当だったけど、写メを見た瞬間Y子だと分かった。 私の地元の名前が書かれてあり、今も在住と書かれてあるのでまず間違いない。 これはすぐに連絡を取らなくてはと思い、すぐに貼られていた捨てアドにメールをした。

私 :「Y子だよね?覚えてるかな、中学で一緒だった○○だよ。」すると、すぐに返事があった。

Y子:「○○ちゃん?うわー懐かしい!」

私 :「あの掲示板で見つけてびっくりしたよ!変わってないね〜やっぱり可愛いなぁ。今はどうしてるの?」

Y子:「学校に通ってるよ」

私 :「あっ、じゃあもしかして□□大学?家近かったよね!」

Y子:「そうだよ!」

私 :「すごい!中学から成績優秀だったもんね〜」

Y子:「そんなことないよ。しかも最近、裏の道路が工事中で勉強に集中できないんだ。」

私 :「裏の道路って□□通り?」

Y子:「そうそう!なんか新しいお店作るみたい。」

私 :「そうなんだぁ。コンビニの隣ってずっと空き地だったもんねぇ。」

Y子:「うん。○○ちゃん、よく覚えてるね。」

私 :「だってY子の家にはしょっちゅう遊びに行ってたじゃん!中学近かったし、隣の公園でサボってアイス食べるのとか最高だったよね。(笑)」

最後にに来たメールを見た時、私は背筋が凍った。

Y子:「特定した。ありがとう」

※事の真相を推理しよう。



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved