怪文書

K A I B U N

怪文書 賞金は目の前に


ある老人が男に言う。
「ゲームをしないか?」

老人が説明したゲームの内容は次の通りだ。

箱の中に多額の賞金が入っていて、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物。
箱はとても頑丈である素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などが置かれている。
時間制限はない。

男は是非やらせてくれと答えた。男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無さそうだったからだ。

参加を表明した男に老人が言う。

「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難問がある。1万円支払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう。」

男は笑顔で1万円を差し出した。

ゲームが開始した。スタート時から賞金は男の目の前にあった。
男は、過ちを犯したことに気がつき、ただ愕然とした・・・

※男はなぜ愕然としたのか推理してみよう。



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved