怪文書

K A I B U N

怪文書 女の子の名前


ある女の子がいた。性格は明るく、学校ではたくさんの友達に囲まれていた。また、女の子は大のお爺ちゃん子で、お爺ちゃんも女の子の事が大好きで可愛がっていた。

しかし、お爺ちゃんは入院しており、余命は長くなかった。医師が残りわずかの命であることを伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。病室で女の子の両親はお爺ちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出て行った。病室にはお爺ちゃんと女の子が二人きり。

女の子はお爺ちゃんと、いろいろなことを話した。しかし、途中で女の子は泣きながら
「お爺ちゃんいなくなるの?」
と聞いた。
するとお爺ちゃんは
「お爺ちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒に悲しんでくれるかい?」
と言った。女の子は
「うん・・・・・・でも死んじゃ嫌だよ」
とつぶやいた。

その後、女の子は家に帰ることになり、その翌日お爺ちゃんは帰らぬ人となった。女の子はその日、わんわん泣いた・・・。

一ヵ月後、ある記事が新聞の隅に載った。
「一家心中、動機はまったくの不明。女の子の名前は・・・」


※一家心中の理由と、女の子の名前を推理してみよう。



怪文書を選ぶ






公式ブログ  クイズ掲示板  クイズアプリ
 怪文書 なぞ解きTOP  サイト利用について  プライバシーポリシー  リンクについて

© ベストリンク . All Rights Reserved